資格・所属学会、トレーニング・学習歴等:

精神保健指定医  

日本精神神経学会専門医(精神科専門医)

日本東洋医学会専門医(漢方専門医)

​日本医師会認定産業医

トラウマケア(TFT、EMDR、ホログラフィートーク他)

身体アプローチ(ブレインジム関連、タッチフォーヘルス、BRMT(リズミックムーブメント)他)

BODY MIND SPIRIT認定 瞑想ファシリテータ―

フラワーエッセンススクール Angeli認定 プロ養成講座

奇跡講座、占星術(運命学)、古神道 他

  経歴: 

H10年3月  岡山県立玉島高等学校卒業

H17年3月  富山医科薬科大学医学部医学科卒業

H17年4月~H19年3月 呉共済病院 初期研修(内科系)

H19年4月~H20年3月 富山大学附属病院 和漢診療科

H20年4月~ 岡山大学精神神経病態学教室入局

      ~H22年3月 広島市民病院 精神科

H22年4月~H25年3月 慈圭病院(岡山市・精神科病院)

H25年4月~H26年3月 まな星クリニック(岡山市・児童発達障害専門クリニック)

                (3年間 山岡医院(倉敷市)山岡秀樹先生に師事し漢方研修)

H26年4月~H29年3月 倉敷中央病院 精神科

​H29年4月  さくらストレスケアクリニック開院

​R2年1月    さくらウェルビーイングクリニックに名称変更

​院長    原田 智子

​はらだ   ともこ

​医師紹介

★ なぜ漢方診療…

「心身一如」「全人的医療」の東洋医学に憧れ、漢方診療が学べる富山へ。一旦は地元に戻るが、西洋医学のみでは対応困難な状態を多く経験し、改めて漢方診療を学び実践するなかで、必要性をより実感。

★ なぜ精神科…

 自身のアトピー性皮膚炎が学生時代に悪化した経験から、当初は、漢方と心療内科が分かる皮膚科医を目指す。研修医時代の経験から、命の長さより質・笑顔を探求するようになり、自身の興味が「ストレスコーピング(ストレス(必ずしもネガティブなものとは捉えていません)との付き合い方)」・精神科そのものと気付く。

★ 私自身の体験…

 私自身のストレスのバロメーターは皮膚症状です。特に就職後、環境変化や様々なストレスの影響で、皮膚症状の悪化をくり返しました。

 漢方専門医を目指すにあたり、自身の皮膚症状に対し、漢方治療を試行錯誤で実践。改めて漢方の劇的な効果を実感し、自身の体調理解も深まる。当初は想像以上の体力消耗から、多湿や高温、月経等の影響で皮膚症状が悪化する経過。それらが漢方で対処出来ると、更に感情の影響や、食事の影響にも気づく。小麦を控えて症状安定(私は個人的に小麦により体調を崩すことが分かったため)、漢方使用は激減し、静電気等の対策(アーシング)で、皮膚の悩みを卒業。

 私にとってアトピーはコンプレックスでしたが、アトピーのおかげでストレスに意識的となれ、漢方診療の理解も深まり、様々なストレスケアの効果も体感出来、自身の診療の幅を拡げるきっかけになりました。

★ 最後に…

 私自身の体験からも分かるように、現代の生活においては、一言に「ストレス」といっても、複雑化しており、体調によっても様々なものの影響をうけるため、それらの可能性を考慮して、対応を考えていく必要があります。 そのため、「どういう状況で悪化したか・どういう時に落ち着くか」など、自身の困り事の症状の変化に注目し、意識的になることが重要です。

  ☆ 追記:2022年3月、大腸がんに対して外科手術+抗がん剤治療を受けた経験に関して ☆

  2021年5月頃から、腸管の通過障害(食べ過ぎた時の腹痛・腹部の張り)を時々自覚していました。ですが、お恥ずかしながら、2019年に著名な体力低下を経験した際の採血検査で問題がなく、その後、活動性は徐々に回復していたので、検査を受けることは全く考えておらず放置。冷えや、高山病(後に貧血のためと判明)に対しては漢方薬や高地(低酸素)トレーニングで対処し、楽しく山歩きを継続していました。

 2022年3月、「現実逃避」という言葉が頭に浮かび、翌日病院受診、輸血を要する極度の貧血状態でした。外来通院しながら診療を継続、その後入院、初診から8日後に全身麻酔で手術を受けました。結果、追加で抗がん剤を勧められたことの方が青天の霹靂でしたが、食わず嫌いは嫌なので、予め考えうる副作用対策を行い臨みました。しかしながら、初回で既に副作用が明らかで、今後どのように生きるかを問われた感覚で、私は1コースで撤退を選びました。代替としてCBDを摂取し(予防的にも併用していましたが、しっかり濃度を意識した使用に移行しました)、並行して、生活習慣、特に睡眠と食事の見直し・改善を行っています。(今は特別なものには頼らず、生活習慣を整えて自然治癒力を阻害しない生き方を選択しています。)

 一般的な感覚とは恐らく相当異なると思いますが、私にとっては、一連の検査や処置・経過は、どれもが興味深く貴重な実際の体験でした。研修医時代には手術に関わることもあり、勤務医時代には手術前後の患者さんと関わることも少なくなく、自分自身も体験しながら味わえ、かけがえのないとても貴重な経験となったとしか思えません。

 どのような解釈も可能ですが、最初から、父と同じ年齢で同じ疾患で同じ病院でお世話になるというビンゴゲーム感覚でした。更に、手術日は、西洋占星術で確認すると、価値観の領域で、無意識のパターンに試練が、約29年に一度ピッタリ重なる日であり、感慨深い驚きでした。​

 私は、基本的に、病気はサインと受け取りますから、この経験のお陰で、様々整理が出来ました。人生における優先順位を再点検、ついつい乱れてしまっていた生活習慣を見直し、改めて、意識・精神のみでなく、当たり前ですが、身体の尊さを再認識し、丁寧に、より心地よく、与えられている生命をより謳歌したいと思えるようになりました。

 因みに、明らかな筋力低下が起きた手術2か月後に山に行き、歩いてみたら、昨年は4時間で歩いたコースを3時間で歩き終え、昨年の貧血の程度に思いを馳せたものでした…。そして、もちろん、身体の回復力には感謝いっぱい、恐れ入りました。。

 病気やトラブルの経験を悲劇で終わらせてしまうこともできますが、私は、起きてくることは、必要なことであり、真摯に向き合い、人生の途中で起きることは、点検・軌道修正のための物としかとらえていません。

 ジャンプの前には屈む必要があるように、行き詰まりをどう捉え、視点・経験を拡げていくか。「良い・悪い」を超えて、様々な経験を味わい、人生のいろどりの豊かさを楽しめたらと思います。