当院の診療方針

 まずは、睡眠・食事・生活リズムを整えましょう。

 症状や病態によって、薬が治療的に役立つ割合は異なります。薬が治療的となる場合は、薬と上手に付き合っていきましょう。

 漢方薬は心身のバランスを整えることが得意なので、必要に応じて提案します。漢方薬を使用することで、西洋薬の使用を必要最小限に。 

 症状の安定化や再発・再燃予防には、「生活習慣の見直し」「考え方の癖の見直し」「セルフケア」等に、御自身が主体的に取り組む意識が欠かせません。​

 エネルギーは意図に従いますから、​「誰かが何とかしてくれる」という意識では、改善は部分的でしょう。 

 当院では、私担当医はあくまでサポーター、ご本人が主治医と考えます。 より良い状態を目指すには、主体的な「目標設定」、経過の評価を行っていきましょう。

当院の目指すウェル・ビーイング

 「相手の要求に答えないといけない」「迷惑をかけてはいけない」「我慢が良いこと」など、無意識に思い込み、自分にプレッシャーや制限(ジャッジ)をかけ、緊張やストレスを感じています。

 自身の反応パターンから、自分の中の、無理ある思い込みや制限に気づきましょう。

 同じ状況でも、人それぞれ感じ方は違います。

 誰の視点からか分からない「『いい』か『悪い』か」や「〇〇すべき」といった思考で判断することを卒業し、自分自身の「心地よさ」「安心感」を大切に、自身の感性を物事の選択基準にしていくこと。

 何があってもなくても、何をしてもしなくても「心地よい」自分でいられる在り方を目指しませんか?。

 不調や症状を、くつろいだ自分に戻るためのサインとして。

​ 他者や過去との比較をやめ、まずは現状の自分を受け入れ、持続可能な「マイペース」を自分に許していきましょう。

 究極的に、『ご自身の救世主はご自身』です。何を選んでもメリット・デメリットはあるでしょうが、意識的に自分のための選択をする。自分軸・精神的自立(他の責任にしない)に伴い、負担と感じることは減るでしょう。

 

​086-486-3933

サンキュー サンサン

   診療時間    月    火  水  木  金  土     

 9:30-13:00

10:00-13:00 

 

14:00-18:00                                        

                                         

心療内科・精神科、漢方診療

〒710-0253

倉敷市新倉敷駅前1丁目3-1 新倉敷MNビル3階

TEL:086-486-3933 FAX:086-486-3966

Copyright 2019 さくらウェルビーイングクリニック All rights reserved.